2013年11月24日

スクールカウンセラーになるには?


スクールカウンセラーになるにはどうしたらよいでしょうか?

管理人が子供の頃や学生時代には、スクールカウンセラーなんて当然学校にはおりませんでした。

大学生の時、利用したことはありませんが、何かそれっぽいものが学内にあったような気はしますけれどね・・・。

 スクールカウンセラーになるには?1_convert_20131124072708.jpg

今では常駐しているところもあればそうでないところもあるようですが、小学校から大学まで、大抵何らかの形でスクールカウンセラーが出入りしていたりします。

そのスクールカウンセラーですが、管理人の感覚ですと、イコール臨床心理士かこころの相談員のどちらかという感じです。

管理人の知っているいくつかの学校では、臨床心理士が来るのはせいぜい週に1回か2週間に1回の割合で、他の日はこころの相談員が来るという勤務形態でまわっています。

これはおそらく予算と面目などの問題なのではないかと思われます。

臨床心理士に毎日勤務させるほどの予算と必要性が低いという点と、それでも何か問題が起こった際に臨床心理士がスクールカウンセラーのメンバーに入っていれば、エクスキューズにもなるという点から出来たローテーションなのではないかと。

ちなみにこころの相談員は民間の心理資格(臨床心理士も一応民間資格なのですが)を持たれていて、すでに子育てがある程度終了されている方などが、面接等により採用されるケースが多いようです。

また、一般の独立開業をしている心理カウンセラーとは随分異なる点も見受けられます。

クライエントは当然勤務先の学校の生徒が中心となりますが、親御さんや教師陣になることもあります。

守秘義務の点から言うと結構難しい問題なのですが、生徒・親御さん・教師陣らと連携して問題解決にあたることも少なくないようですから、相談室にデンと構えているのではなく、普段から学校生活に溶け込むようにして、関係者からの信頼を得ておく必要があるでしょう。

 スクールカウンセラーになるには?2_convert_20131124072724.jpg

なので知人のこころの相談員の女性は、子供たちと一緒に給食を食べたり、運動会などの学校行事にも積極的に参加していたりしますね。管理人はそういうことがあまり得意ではないので、実はいつも感心していたりします。




以下完全無料でカウンセラー講座の資料請求ができるサイトです。心理学やカウンセラーにご関心のある方は、いくつか取り寄せ比較検討されてみてはどうでしょうか。




カウンセラーになるには?9.jpg
全国にあるほぼすべての通学講座と通信講座の一括資料請求を、無料ですることができます。かなりお勧めなサイトです。








×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。