2013年11月24日

産業カウンセラーになるには?


産業カウンセラーになるにはどうしたらよいでしょうか?

 産業カウンセラーになるには?1_convert_20131124072809.jpg

これは産業カウンセラー資格の取得という点から言えば非常にはっきりしていて、一般社団法人日本産業カウンセラー協会の実施する試験に受かれば取得できます。

ただ、試験を受けるのには当然ですが諸々の条件があり、基本的には協会主催の産業カウンセラー養成講座を修了していないといけません。

心理系の学部などを出られている人は、いくつか受講や試験に関して免除されるものもありますが、そういった人たちの合格率は高くないようですから、可能ならばすべて受講した方がいいでしょう。

実は管理人も90年代に受講して資格を取得しました。

その時分の話ですが、現在もそうであるように当時もカウンセラーの国家資格はない状況でしたので、産業カウンセラーが唯一公的資格という位置づけでしたから、あれば有利だと思ったんですよね。

ただその後、労働省の技能審査なるものから外れてしまったために、現在は1民間資格に成り下がっている状態です。

なので、管理人もそれ以降は資格維持のための手続きはしておらず、現時点で産業カウンセラー資格は持っておりません。正直必要ないですしね。

これは管理人が受講していた時代の話ですが、ほぼ毎週日曜日の朝から夕方まで、4月から10月までの7ヵ月間通った記憶があります。

1日中講義を受けている日などは結構辛かったです。

講師(多くは大学教授)たちの話は面白くないですし、労務管理といった心理カウンセリングに関係ないことも結構学ばなければいけませんでしたから。

 産業カウンセラーになるには?2_convert_20131124072823.jpg

ちなみに現在に至るまで産業カウンセラーで食べているという人に会ったことはありません。

管理人が20代の時に居た会社も、一応一部上場の大企業でしたが、居たのは産業医であり産業カウンセラーはいませんでした。日本では歴史と伝統のある資格だとは思いますが、これが現実だと思います。




以下完全無料でカウンセラー講座の資料請求ができるサイトです。心理学やカウンセラーにご関心のある方は、いくつか取り寄せ比較検討されてみてはどうでしょうか。




カウンセラーになるには?9.jpg
全国にあるほぼすべての通学講座と通信講座の一括資料請求を、無料ですることができます。かなりお勧めなサイトです。








×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。