2014年04月20日

本業or副業


当サイト(カウンセラーになるには?大辞典)の管理人です。

心理カウンセラーとしての活動を始めたばかりの頃は、当然ながら心理カウンセリングそのものに関連した仕事なんてろくにありませんから、変な話、心理カウンセラーとしての営業活動が主だった仕事になっていました。

まぁこれは心理カウンセラーに限らず、いわゆる士業と呼ばれる職種全般に言えることなんですけれどね。

資格などを取ってからが、実のところプロとしてやっていくための本当の意味でのスタートになります。

そういう意味では、資格を取るまでの過程も楽ではないかもしれませんが、何をやって何ができたら取得できるという目安は一応あるわけですから、その点は楽だと思いますね。

私自身も今まで様々なことをしてきましたが、病院や何かの機関に就職するといったことを除けば、いきなり心理カウンセラーを本業にはしない方が良いと思います。

どこかで同じようなことを書いているかもしれませんが、スタートはボランティアかせいぜい副業というスタンスで始めるのが良いでしょう。

本業での収入で日々の生活自体の問題がない形を作っておいて、副業として動いている方が精神的にもより安定したカウンセリングができます。

1ヵ月の間に必ず○人と●回以上カウンセリングしないと赤字、なんていう状況になりますと、クライエントを無駄にリピートさせるような動きを始めたりするからです。

分析系のものを除けば、1日も早くカウンセリングを終えることが基本ですからね。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。