2014年05月05日

カウンセラーの実践と実技T


当サイト(カウンセラーになるには?大辞典)の管理人です。プロのカウンセラーとしてスキルを磨いていくにあたり、非常に難しいのが“如何に実践や実技の場を作り出していくか”なのだと思います。

心理学やカウンセリングの知識や理論の勉強は、書籍やインターネットなどを駆使すれば、かなり高い割合で机上で学ぶことが可能です。

ですが、実践や実技はそのようなわけにはいきません。これは料理であろうが車の運転であろうが同じだと思いますが、知識や理論をより多く有している人が、必ずしも料理上手であったり名ドライバーでないのと同様です。

ただ、料理や車の運転の実践や実技のスキルを高めるための環境設定は、比較的容易に作れるのではないかと思いますが、カウンセリングの環境設定を作るのは簡単ではありません。

管理人も昔、その点について悩んでいたことがあります。

自分と同じようにカウンセリングスキルを高めたい者同士が、カウンセラーとクライエントの役割を交互に担いながら行う、ロールプレイングやミニカウンセリングと呼ばれる練習方法もあるにはありますが、それとてリアルなカウンセリングには程遠いというのが本当のところだからです。

この問題については理想的ではないかもしれませんが、解決案がないわけではありません。そのことについては、次回記載したいと思います。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。