2014年02月28日

心理カウンセラーと評判について


当サイト(カウンセラーになるには?大辞典)の管理人です。

それが良い評判であろうが悪い評判であろうが、心理カウンセラーの評判というものはあまり表立っては流れてこないものだと思います。

これが飲食店や映画などの評判なのだとしたら結構良く流れていますし、探しやすいとも思うのですが、心理カウンセリングって密室で行われていることもあって、基本的に“口コミ”では中々伝わりにくい性質のものなのでしょう。

また、自分や家族がどこどこで心理カウンセリングを受けている、あるいは受けていたというようなことなどは、あまり他人に積極的に言ったりすることではないという閉鎖的な環境も後押しをしているように思います。

やはりまだまだ“恥ずかしい事”という意識が強いからなのでしょうね。

欧米などではかなりそういった意識も違ってきており、何か心理カウンセリングを受けていたりセラピーに通っていることが、一つのステイタスとなっているような感さえ見て取れます。

それがいい事なのかどうかは微妙ですけれどね。

しかしそんな欧米も、やはり多かれ少なかれ心理カウンセリングを受けていることをひた隠しにする時期があり、そういった期間を経て今の状況があるわけですから、日本もやがてはもっと気楽に心理カウンセラーの評判を口ずさむような日がきっとくるのだと思います。

私たちが学生の頃は学校に心理カウンセラーなんて居ませんでしたけれど、今の学校には普通にいますからね。

心理カウンセラーが近くに要るといった環境で育ってきた彼らが社会に出ていけば、必然的にそういった社会になっていくんだろうな、と感じています。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。